全国TOP > 海外求人特集
医師のキャリアアップの選択肢はさまざまです。 海外へ視野を広げれば、海外の医療機関への所属や開業を最終目標として、臨床留学を目指す先生方も多くいらっしゃいます。また、国際保健医療の仕事に就くという方法もあります。 海外で臨床を行うためには原則、現地の医師免許が必要になります。海外での医師免許の取得方法は、大きく2つに分けられます。 まず、日本の医師免許を取得したうえで、現地の臨床研修を受けるという方法があります。もうひとつは、研修生・研究生として海外へ研究留学をすることです。 しかし例外的に、日本の医師免許を海外で適用できる場合があります。 特に、中国や東南アジアなどの日本との経済的な結びつきが強い国々で、在留邦人に対して診療を行うクリニックの求人が増加しており、そのニーズは高まっています。 現地語が堪能でなくとも就労可能な求人が多く、海外生活に適応し、現地スタッフと協調性をもって医療に従事できる医師が求められています。

ベトナム

常勤求人(ホーチミン/ハノイ)
常勤求人(ハノイ)

\掲載していない求人も御座いますので、お気軽にお問い合わせください。/
少しでも気になった方は、お気軽にお問い合わせください。

インドネシア

【給与】1200万~1500万
インドネシア医師の診療に関するコンサルタント業務

\掲載していない求人も御座いますので、お気軽にお問い合わせください。/
少しでも気になった方は、お気軽にお問い合わせください。

中国(北京)

10月16日(金)?10月19日(月)
【給与】28万※日本円で支給(交通費+宿泊費先方)

※前日入りの後日移動になりますので実質2日間拘束が増えます。

\掲載していない求人も御座いますので、お気軽にお問い合わせください。/
少しでも気になった方は、お気軽にお問い合わせください。

中国(広州)

11月24日(火)?12月1日(火)*11/27休み
【給与】49万※日本円で支給(交通費+宿泊費先方)

※前日入りの後日移動になりますので実質2日間拘束が増えます。

\掲載していない求人も御座いますので、お気軽にお問い合わせください。/
少しでも気になった方は、お気軽にお問い合わせください。

\海外で働く求人にご興味がある方や、今すぐ転職をお考えでない方におすすめ。/
メール会員限定で好条件の非公開求人を優先案内しております。

海外での医師の求人には、語学よりも、総合診療医、かかりつけ医のようなプライマリー治療のスキルを求められています。例えば、ある国の消化器科の医師の求人では、内科・小児科などを含む一般診療から、内視鏡検査まで幅広いスキルが必要条件となります。 患者さんの多くは、現地に暮らす日本人や海外駐在のサラリーマン家族であるため、小児科対応のできる医師は特に重宝されます。 また、国によっては医師として就業できる年齢に上限があるため、注意が必要です。上海では60歳までの年齢制限があるため、55歳前後までの医師が優遇される傾向にあります。 しかし近年、中国やシンガポール、ドバイ等の日系クリニックでは、海外移住を希望する日本人医師の応募が増加傾向にあり、医師の求人自体が希少なものになっています。ただし、着任はしたものの現地になじむことができず、すぐに退職してしまうことも多いようです。非常に入れ替わりが激しいので、海外で就業したい先生方は、常に情報収集をしてチャンスを逃さないようにしておくことが必要です。 ドクターズWORKERは、海外での医師の求人情報を常にキャッチしていますので、競争率の高い求人でも迅速にご紹介することが可能です。求人の紹介はもちろん、応募の手続きや面接日程の設定から条件交渉まで、徹底的に先生方の転職をサポートいたします。海外の医師求人をお探しの方は、今すぐドクターズWORKERにご登録ください。
完全無料!かんたん60秒!お仕事を紹介してもらう
新着求人をいち早く無料でお届け!新着求人メール
海外求人特集
常勤求人 定期非常勤求人 スポット求人
採用担当者様 人材の求人依頼
最新の常勤求人を掲載しています。


ページトップへ戻る